がん治療で経験した本人と家族との絆

がん治療で経験した本人と家族との絆

「がん」と宣告され、余命半年と言われた母は元々自由人気質な性格が更に自由度が増してきたのを覚えています。
こちらからがん治療 免疫について知ることが出来ます。
半年の余命も3年生きてくれ天に行きましたが、がんの治療で大切なのは本人の体力と気力、家族の
気力と絆だという事に亡くなってから気がつきました。
お探しの免疫治療 がん療法についてはこちらです。
勿論がん治療の間の休みの間に免疫を高める為に本人が食べたいものを食べさせ、行きたい所へ行かせる事で免疫が強くなっていたように思えます。
免疫治療 病院をお探しならこちらです。
でもがんの治療は金額も高いですし、抗がん剤を行えば、体力も落ちわすがな風邪でも命取りになりかねません。
気になる方は免疫治療 NK細胞←をクリック!
うちの母の場合はケロっとしてますが、こちらがヒヤヒヤしていました。
話題の免疫細胞 最先端情報についてはこちら!
がんになり落胆してるより、あと僅かだからこそ楽しんだ方がいいという母の考えを尊重しつつ、人混みで
はマスク、手洗いをさせる努力をしてきた家族。そんなかいもあってか母は風邪をひくのは亡くなる半年前
まではなかったと記憶しています。
末期で手術が出来ない状態でしたので、がん細胞に勝つというより、免疫をあげて抗がん剤、放射線を受け
られる状態に持って行くというのが私達家族のスタンスでした。

 

がんの治療は本人も家族も肉体的、精神的に疲労しかないです。がんという病魔に怯えず、まずは出来る事
からして行くのが、免疫力をあげ、いずれ家族の絆になるのかなぁと思います。